幅広い分野がある教育と言うカテゴリー

所謂教育とは教えて育むと言う事にあります。
けれども教えて育むと簡単に言いますが、その範疇はかなりの広域です。
子供時代に学ぶ教育の範疇は、日本の言葉を勉強する基盤でもある国語です。
ひらがなやカタカナ、そして漢字を学び、まずは言葉を学び、その後に文章を学びます。
そして次に数字を学びます。
日々の生活に必ずと言って良い程に目にすると言うのがこの文字と数字です。
数字を学び、そこから計算と言う方法を学ぶ算数と言う事になります。
そして次には、生活の中で何かを何すれば何になると言う結果に辿り着くと言う理科を学びます。
生活、そして自然の成り立ちです。
そして、生活していれば必ず目にする耳にする、一般的生活の我が家以外の習慣を学びます。
これが社会です。
これが大凡子供時代に学ぶべき一般的常識の始まりです。
そして、個々から今度は地理、歴史、数学、物理、化学、倫理、社会史、芸術、スポーツ、そして経済、医学、文学、政治と言う風にカテゴリーは徐々に広がります。