学資保険に関しての押さえておきたい知識

学資保険に関しまして シンプルに言うと、子の教育のための資金確保を目的とした商品ということを意味します。
一カ月ごとに一定額の保険料を払い続けて、満期を迎えたときに保険金を受け取ることができます。
学資保険のプランニングによっては、払った金額に比べて受取額が上がる場合、或いは受取額が安い場合があります。
貯蓄型につきましてはイメージできるように貯蓄を主としているので、返戻率が高いのが持ち味と言えます。
保障型に関しましては、契約者や子に不測の事態が起こったときに、育英年金、あるいは死亡保障を享受できる特約が付随しています。
保険料が上乗せされることになるので、元本割れもあります。
0歳から加われますが、妊娠中からの商品もあります。
あらためていうまでもなく、学資保険につきましては教育のための資金確保を目標にしているので、最もまとまったお金を捻出しなければいけなくなる大学進学を満期という形にしている商品が一般的です。